ホーム>施工事例

<{$free2_title}>

ランドスケープデザイン・ガーデン施工について


現在、案件が立て込んでおり、新規のデザイン・施工はお受けしておりません。

萌木の村 ナチュラルガーデン(公開中:無料)

〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545
HP:http://www.moeginomura.co.jp/




2012年より施工開始。元々あった小さな花壇類は解体し、高低差のある敷地は地元の石を積み上げて、大きな花壇やテラス、通路や階段を作ってもらいました。
暗い日陰を作っていた林のうち、健康状態のよくない樹木は伐採し、パーゴラなどに活用。プライベートガーデン「八ヶ岳ナチュラルガーデン」の植物も移植して、多種多様な宿根草と共に八ヶ岳の在来種も数多く植栽しています。自然の野や山で野草が激減している昨今、地域の野草の遺伝子を保護する役割も担っています。
森を守り育てる『森想 -morisou-』モデル庭の第1号とし、地域の生態系を守る緑の拠点として進化を続けています。
Top

とっとり晴れやか庭園(公開中:無料)

〒680-0945 鳥取県鳥取市湖山町南3丁目(湖山池公園 - 湖山池オアシスパーク内 -)
HP:http://www.koyamaike.jp/flower/




2011年施工開始、2013年9月『第30回全国都市緑化フェア』のメイン会場としてオープン。フェアで通常使われる一年草は用いず、鳥取に自生する多年草を中心に、生物多様性に貢献できる約2haのガーデンを設計しました。
海に近い日本最大の池「湖山池」のほとりで、潮風や日差しが強く水はけが悪いという、植物にとって過酷な環境でしたが、オープンまで2年の歳月をかけて造園、植栽しました。
花壇の石積みには、鳥取城で使っている石と同じ地元の石を用い、湖水と山陰の山々の雄大な背景に溶け込む景観を作りました。

>> 書籍「ナチュラルガーデンをつくろう!」あと書き
Top

軽井沢 絵本の森美術館内『ピクチャレスクガーデン』(公開中:有料)

〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町長倉182(塩沢・風越公園)
HP:http://museen.org/garden/




かつては野草の宝庫だった軽井沢。2010年に軽井沢絵本の森美術館内にオープンした"軽井沢らしい"風景を提供するナチュラルガーデン。敷地内にあった植物を生かし、風土に適した宿根草を加えた植栽は、懐かしさと新しさが融合していて、まさに軽井沢の原風景を思わせます。敷地内を回遊しながら季節の変化をお楽しみください。
Top

宝塚ガーデンフィールズ『シーズンズ』(2013年12月閉園)

〒665-0845 兵庫県宝塚市栄町1-1-57
HP:http://www.chocorose.com/seasons/index.html




2003年秋開園/2013年12月閉園。オープン期間中はオーガニックな方法で管理され、約1,500種類の植物が楽しめるだけでなく、いろいろな種類の生き物たちのオアシスになっていました。ガーデンの取り壊しにあたり、市民の有志の方々により植物が保護され、兵庫県内のみならず、鳥取県など各地へ寄贈され、息づいています。

>> 宝塚ガーデンフィールズの閉園について(2013年2月19日 ポール・スミザー)
Top

八ヶ岳ナチュラルガーデン(非公開:2015年閉園)

山梨県北杜市



八ヶ岳の休耕田を活用したプライベートガーデン。植物に適した環境を見極める場所として、多種多様な植物を実験的に栽培・管理していました。そして、2001年から2010年までの10年間、ポール・スミザーによるレクチャー「プランツコース」が実施され、約130名の方が実践的に植物について学びました。
Top

高知県 F-Residence(非公開:個人邸)



2010年4月竣工。約20年ぶりのガーデンリフォームで、元の材料や植物を活かしてガーデンパーティーができるガーデンに。

そのほかの施工事例はYouTubeページをご覧ください。

モバイルショップ

Top